Ubuntuのnotify-send

カテゴリ: Ubuntu

Ubuntuでnotify-sendを使うと,-tオプションが機能しなくて困るなあと思っていたが,
どうやらバックエンドに問題があるらしい.

このブログにあるように操作を行った.

$ sudo apt-get remove notify-osd
$ sudo apt-get install notification-daemon

これでリブートしたら通知領域の表示が変わって,
ちゃんと時間で消えるようになった.

しかし副作用がある.

  • 通知領域が右上ではなく右下になる
  • デザインがダサい

notification-daemon関係の設定はgconftool-2を使う.

$ gconftool-2 --type string --set /apps/notification-daemon/popup_location top_right

これで表示が右上になる.
デザインは,まず

$ ls /usr/lib/notification-daemon-1.0/engines/

でインストールされているもの (libstandard.so とか) を確認した上で

$ gconftool-2 --type string --set /apps/notification-daemon/theme standard

などとする.

このコマンドは ~/.gconf/apps/notification-daemon/%gconf.xml を書き換えるものなので,
なんだったらここを直接いじってもいいようだ.

参考文献

2012/1/24 (火)

コメント