VMware Fusion 上の Ubuntu の「英数」キー

カテゴリ: Mac OS X,Ubuntu

日本語配列のキーボードな Mac にインストールされた VMware Fusion の上に
Linux の仮想マシンを作ると、「英数」キーが CapsLock として認識されてしまう。
このことはウェブ上を検索するといろいろと情報が出てくる。例えばつぎの記事。

xkbでキーバインドを変更する


仮想マシンの OS が Ubuntu 14.04 LTS 以降の場合は、
この記事を参考に xkb の設定を実行する。

$ mkdir -p ~/.xkb/{keymap,symbols}
$ setxkbmap -print > ~/.xkb/keymap/mykbd
$ vi ~/.xkb/keymap/mykbd
    xkb_symbols   { include "pc+jp+us:2+inet(evdev)+myswap(swapkeys)"    };
$ vi ~/.xkb/symbols/myswap
partial modifier_keys
xkb_symbols "swapkeys" {
  replace key  {
    type[Group1] = "PC_ALT_LEVEL2",
    symbols[Group1] = [ Hiragana_Katakana ]
  };
};
$ echo 'xkbcomp -I$HOME/.xkb ~/.xkb/keymap/mykbd $DISPLAY 2> /dev/null' >> ~/.profile

とりあえずこれでログアウト・再ログインすると、
英数キーを押して CapsLock が入るということはなくなる。

日本語入力メソッドとして iBus+Mozc を使っている場合、
Mozc に切り替えたり、その後また直接入力に戻したりすると、
xkb の設定が効かなくなってしまう。
xkbcomp を直接実行してもダメになる。

XKBでCapsLockをEscに割り当てる(Ubuntuでキーマッピング変更) – Qiita

この Qiita の記事によれば、dconf の設定で直るそう。
gnome-tweak-tool でもいいとあるが、Ubuntu 14.04 LTS ではうまくいかなかった。

$ dconf write /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options "['ctrl:nocaps']"

または

$ sudo apt-get install dconf-editor
$ dconf-editor

で値を編集する。

2016/1/31 (日)

OS X El Capitan での PDFtk (続)

カテゴリ: Mac OS X

この記事は「OS X El Capitan での PDFtk」のフォローです。

El Capitan 対応版が公開されていました: osx – PDFtk Server on OS X 10.11 – Stack Overflow

.pkg はこの URL から入手できるようです: https://www.pdflabs.com/tools/pdftk-the-pdf-toolkit/pdftk_server-2.02-mac_osx-10.11-setup.pkg

ブログ記事の更新を忘れていたため、記事の書き換えがすっかり遅くなってしまいました。
Stack Overflow に書き込みがあってからすぐ (2015年10月下旬) の頃にはすでに気づいており、
自分の環境でインストールして試していましたが、特に問題なく使えています。

2015/12/20 (日)

OS X El Capitan での PDFtk

カテゴリ: Mac OS X

2015年12月20日追記: フォロー記事 (リンク) を書きました。El Capitan で使える PDFtk が公開されています。

PDFtk はコマンドラインから PDF ファイルを編集できるツール。
PDF Labs で公開されている。
このツールを使うと PDF の結合や分割などが簡単にできるので重宝している。

Mac OS X で使える PDFtk としては、公式には、PDFtk Server が配布されている。
公式には 10.6 (Snow Leopard) から 10.8 (Mountain Lion) までサポートとされているが、
少なくとも 10.10 (Yosemite) までは使うことができていた。

ところが先日公開された 10.11 El Capitan では、pdftk コマンドが使えなくなってしまった。
とりあえず私が確認した症状は、PDF ファイルの結合を実行しようとすると、
出力先に空のファイルを作ったまま応答がなくなってしまうものである。
Homebrew 経由で pdftk を入れるとしても、入るのは PDF Labs のバイナリであり、
全く同様の症状が起こる。

ソースコードから直接ビルドしようともしたが、El Capitan ではビルドできなかった。
ソースコードをコンパイルするためには、依存している Java ソフトウェア群から
gcjh (gjavah) で CNI 形式の C ヘッダファイルを得る必要があるが、
gcjh が El Capitan 上で動かなかった。
Oracle JDK の javah は動くが、これは CNI 形式を出力できず、ビルドが失敗する。

今後 PDFtk が公式にアップデートされるのかはよくわからない。

以下は試行錯誤の記録。

続きを読む »

2015/10/06 (火)