TeX環境を整える

カテゴリ: 未分類
タグ:

Web上、特に TeX Wiki を漁れば欲しい情報がまず間違いなくあるので、
特に目新しいことは書かないのですが、自分用のメモとしてかいつまんで書きます。

TeXディストリビューションの導入

TeX Live を使うのが一番易しくて、情報も多い気がします。

Mac OS X の場合は Mac TeX をインストールすればもろもろ入ります。
イメージをダウンロードしてコピーするだけなので非常に簡単です。

Linux を使う場合はシステムのレポジトリからインストールできます
たとえば Ubuntu の場合、ターミナルで apt-get を叩いてインストールするか、
ソフトウェアセンターの GUI で簡単にインストールできます。
texlive-full パッケージを入れれば間違いないと思いますが、
pLaTeX で日本語文書を作るにはとりあえず以下に示すパッケージ
(およびそれと一緒に入る関連パッケージ) が入れば十分かと思います。

# apt-get install texlive
# apt-get install texlive-lang-cjk

「apt で余計なパッケージが入るのがイヤ」「最新のバージョンじゃなきゃイヤ」
みたいな要求がある場合は、それに応じて頑張ってインストールします。

TeX パッケージのアップデート

TeX Live では各種パッケージを tlmgr コマンドで管理します。
Mac TeX の場合はターミナルから tlmgr を直接実行するか、
アプリとしてインストールされる TeX Live Utility を使ってパッケージを最新にします。
設定はGUIの方が簡単だったり、しかしコマンドラインの方が確実に実行できたり、
よく分かんない感じの挙動です。
tlmgr をターミナルから実行する場合は、たとえば次のようにします。

$ sudo tlmgr update --self (←tlmgr と TeX Live 自体のアップデート)
$ sudo tlmgr update --all  (←インストール済みパッケージの一斉アップデート)

ミラーがデフォルトでどこになるのかよく分かっていないんですが、
何もしないでいるとダウンロードが非常に遅くてイライラすることがままあるので、
利用するCTAN のミラーを予め近場に設定しておくのがいいでしょう。

Ubuntu の apt のように、Linux ディストリビューションのレポジトリから
TeX Live をインストールした場合は、
TeX パッケージの管理もそのレポジトリ経由になり、tlmgr を使いません。
したがって tlmgr を使おうとすると (別の理由で) 怒られます。
TeX パッケージ名と apt などのパッケージ名は一致しませんが、
たとえば algirithm2e のようなコンピュータ科学系のパッケージは、

# apt-get install texlive-science

とすれば入ります。
複数の TeX パッケージがまとめて一つのパッケージになっているようです。
TeX パッケージと apt パッケージの対応は apt-cache search で検索すれば見つかります。
あるいは、最初から texlive-full をインストールすれば何も考えずに済みます。

フォント埋め込みの設定

フォントに関しては素人なので、よくわかっていないのですが、
作成する PDF 文書にはフォントを埋め込むべきとのことです。
フォントがない場合、読み手の環境によっては文字化けを起こしたり、
作成者の意図しないフォントで表示されることがあるようです。
またフォントを埋め込むにしても、Type 3 フォントはビットマップ形式で、
オリジナルのフォントサイズから拡大・縮小したときに表示が汚くなるそうで、
Type 1 フォントでなければ困るといった問題もあるようです。

要するに、Type 1 フォントを埋め込むように設定しておけば、
読み手に怒られにくく見た目も良い PDF ファイルが出来上がります。

環境設定については、下記を参照して頂くのが手っ取り早いかと思います。

個人的には、ヒラギノフォントで書いた場合がいちばん読みやすいと思います。

2014/2/16 (日)