ECCSにGitを入れる

カテゴリ: misc.

参考:[tips][Mac]GitをMac OS X ServerであるECCS上で入れる(root権限なし) – xxxxxeeeeeの日記
大いに参考にさせてもらいましたが,
これの通りにやってもうまくいかないです.

結論

次のようにすればインストールできる.はず.

1. (下準備の下準備) MacPortsのインストール

$ wget https://distfiles.macports.org/MacPorts/MacPorts-2.0.3.tar.gz
$ tar xzvf MacPorts-2.0.3.tar.gz
$ cd MacPorts-2.0.3.tar.gz
$ PATH=/usr/bin:${PATH} ./configure --prefix=${HOME}/local/macports --enable-readline --with-no-root-privileges --with-install-user=`id -un` --with-install-group=`id -gn` --build=i386 --with-universal-archs="i386" --with-sqlite3prefix=${HOME}/local
$ make
$ make install
$ export PATH=${PATH}:~/local/macports/bin/

2. (下準備) opensslとlibiconvのインストール

$ port -d selfupdate
$ port -d sync
$ port install openssl libiconv

3. Gitのインストール

$ cd ~
$ wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.7.8.4.tar.gz
$ tar xzvf git-1.7.8.4.tar.gz
$ cd git-1.7.8.4.tar.gz
$ ./configure --prefix=${HOME}/local --with-iconv=${HOME}/local/macports --with-openssl=${HOME}/local/macports --without-tcltk && NO_FINK="YesPlease" make install
$ echo "export PATH=\${PATH}:\${HOME}/local/bin" >> ~/.bashrc

紆余曲折

続きを読む »

2012/1/30 (月)

[Python] MySQLdb

カテゴリ: Python

参考: pythonのmysqldbの使い方メモ « taichino.com

#-*- coding: utf-8 -*-
import MySQLdb

con = MySQLdb.connect(host='localhost', db='database',
                      user='username', passwd='password')
cur = con.cursor()

# クエリの実行
# cur.execute(/* Query string */)
cur.execute("SET CHARSET utf8")

# SELECT 文
l = cur.execute("SELECT * FROM table") # l は回答の個数 (long型)
assert l > 0
for row in cur.fetchall():
    # 検索結果に対してひとつひとつ処理する
    # 検索結果は1行ずつタプルになっている
    print row[0], row[1]

# 検索結果を1つだけ得る場合は fetchone を使う
cur.execute("SELECT * FROM table")
row = cur.fetchone()
# row はタプル,検索結果がなければ None

# INSERT 文
# クエリを実行した上でコミットする
cur.execute("INSERT INTO table (id, value) VALUES (1, 'hoge')")
con.commit() # コミットは最後にまとめて行うのでもよい

# 終了処理
cur.close()
con.close()
2012/1/30 (月)

Ubuntuのnotify-send

カテゴリ: Ubuntu

Ubuntuでnotify-sendを使うと,-tオプションが機能しなくて困るなあと思っていたが,
どうやらバックエンドに問題があるらしい.

このブログにあるように操作を行った.

$ sudo apt-get remove notify-osd
$ sudo apt-get install notification-daemon

これでリブートしたら通知領域の表示が変わって,
ちゃんと時間で消えるようになった.

しかし副作用がある.

  • 通知領域が右上ではなく右下になる
  • デザインがダサい

notification-daemon関係の設定はgconftool-2を使う.

$ gconftool-2 --type string --set /apps/notification-daemon/popup_location top_right

これで表示が右上になる.
デザインは,まず

$ ls /usr/lib/notification-daemon-1.0/engines/

でインストールされているもの (libstandard.so とか) を確認した上で

$ gconftool-2 --type string --set /apps/notification-daemon/theme standard

などとする.

このコマンドは ~/.gconf/apps/notification-daemon/%gconf.xml を書き換えるものなので,
なんだったらここを直接いじってもいいようだ.

参考文献

2012/1/24 (火)